茜町春彦パーソナルメディア

投稿は不定期です.

読書感想

「読書ログ」

今週のお題「読書の秋」その2 題名:ありきたりの狂気の物語著者:チャールズ・ブコウスキー(ちくま文庫、900円税別)発行:2017年9月10日第1刷感想:エログロナンセンスで味付けしたサキの短編集と云った感じです.10ページほどの短編が34編収録され…

「読書ログ」

今週のお題「読書の秋」 題名:女系図でみる驚きの日本史著者:大塚ひかり(新潮新書、760円税別)発行:2017年9月20日感想:古代・中世・近世の貴族の系図を示して姻戚関係を説明しています.歴史がテーマと云うよりも、少し下世話な話に焦点を当てたエッセ…

「読書ログ」

題名:知ってはいけない著者:矢部宏治(講談社現代新書、840円税別)発行:2017年9月15日第5刷感想:最近よく耳にする横田空域や日米合同委員会などについての解説書です.売れているのでしょう.増刷しています.あわてて購入しました. ・・・ちょっと引…

「読書ログ」

題名:職業としての地下アイドル著者:姫乃たま(朝日新書、780円税別)発行:2017年9月30日第1刷感想:テレビに出演してるのがアイドルで、ライブハウスで活動しているのが地下アイドルだそうです. 余談ですけど、編集協力のクレジットがあるので、本書は…

「読書ログ」 ネタバレあり

題名:厭世マニュアル著者:阿川せんり(角川文庫、640円税別)発行:2017年8月25日初版感想:一人称小説です.もしくは、自意識過剰の独り言.でも、もしかしたら、これは超長い散文詩かも知れない・・・ 解説を森見登美彦が書いていて「(P295)反撃の…

「読書ログ」

題名:物語ること、生きること著者:上橋菜穂子(講談社文庫、550円税別)発行:2017年6月1日第5刷感想:2013年に刊行された単行本が去年文庫化されていました.その第5刷を購入しました.内容は、インタビューを再構成したものですが、思い出話か随筆と云っ…

「読書ログ」

題名:橇/豚群著者:黒島伝治(講談社文芸文庫、1400円税別)発行:2017年8月9日第1刷感想:プロレタリア文学の短編集です.現在、60ページ辺りを読み進んでいます.読了まで、あと170ページです.

「読書ログ」

題名:言語学者が語る漢字文明論著者:田中克彦(講談社学術文庫、1050円税別)発行:2017年8月9日第1刷感想:この本の主張は、話半分に受け取っても、概ね妥当だと思います. 文章を一部引用します.(p25)・・・日本人は、時代が危機に立っていると感…

「読書ログ」

題名:もうひとつの浅草キッド著者:ビートきよし(双葉文庫、611円税別)発行:2017年8月9日第1刷感想:雨の権之助坂を唄った方が、ツービートの思い出を書いた本です.余談ですけど、雨の権之助坂がおとぼけキャッツの歌だったと初めて知りました.

「読書ログ」

題名:十五歳の戦争著者:西村京太郎(集英社新書、760円税別)発行:2017年8月14日第1刷感想:回顧録と云うか、備忘録と云うか.そんな感じの本です.

「読書ログ」

題名:恥知らずのパープルヘイズ ―ジョジョの奇妙な冒険より―著者:上遠野浩平、荒木飛呂彦(集英社文庫、650円税別)発行:2017年6月30日第1刷感想:(ネタバレあり、注意) ノベライズと書いてありますが、スピンオフのような気がします.勘ですけど. ・…

「読書ログ」

題名:国民のしつけ方著者:斎藤貴男(インターナショナル新書、740円税別)発行:2017年6月12日第1刷感想:本書のタイトルは、現政府が政府にとって都合のいいように世論誘導を行なって国民をしつけている、と云う意味です. 一部分を引用します.(P156)・…

「読書ログ」

題名:もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら著者:神田桂一 菊池良(宝島社、980円税別)発行:2017年8月7日第3刷感想:とりあえず、真似してみました.勝手に真似をしたのです.飽く迄も真似です.他意は御座いません. 『焼きそばエモン』ヤキ…

「読書ログ」

題名:人間の居場所著者:田原牧(集英社新書、740円税別)発行:2017年7月19日第1刷 感想:集英社新書のホームページで連載したものを書籍化したとのことです.そのホームページを確認していませんが、そう書いてありましたので買わなくても読もうと思えば…

「読書ログ」

題名:不協和音(ピアノピース)著者:秋元康(作詞)バグベア(作曲)山本躍(編曲・浄書)(株式会社フェアリー、600円税別)発行:2017年4月17日初版 感想:欅坂46と云うアイドルの楽曲のピアノピースです. ・・・最近のアイドルなんて良く知っているね…

「読書ログ」

題名:手話を生きる著者:斎藤道雄(みすず書房、2600円税別)発行:2016年12月26日第4刷 感想:本を購入しようと思い至ったところから話そうと思いますので、少々長くなると思います.ちゃんと書けるでしょうか.心配です. ・・・がんばれ、茜町くん!・・…

「読書ログ」

題名:脱大日本主義著者:鳩山友紀夫(平凡社新書、800円税別)発行:2017年6月15日初版第1刷 感想:現在、46ページ辺りを読み進めています.読了まで、あと190ページです.(著者紹介文より:由紀夫から友紀夫へ表記を変えたそうです)・・・自分で書いてお…