茜町春彦パーソナルメディア

投稿は不定期です.

しゃかい

我が党の公約は、消費税を10%に増税する代わりに、公務員のボーナスを10%減額します.

(この物語は完全なフィクションです.もしも一部でも真実であると考えたならば、それはあなたの妄想です) 衆院解散のチャンス到来だって、テレビで言ってた. ・・・ミサイルに不倫・・・ 誰のために解散するのか、分かるかい. ・・・マギーミネンコのた…

「読書ログ」

題名:知ってはいけない著者:矢部宏治(講談社現代新書、840円税別)発行:2017年9月15日第5刷感想:最近よく耳にする横田空域や日米合同委員会などについての解説書です.売れているのでしょう.増刷しています.あわてて購入しました. ・・・ちょっと引…

7条解散について考えてみた.

(憲法から引用します)第7条 [天皇の国事行為]天皇は、内閣の助言と承認により、国民のために、左の国事に関する行為を行ふ. 三 衆議院を解散すること. 一、二、四、五、六、七、八、九、十、省略(引用を終ります) 衆議院を解散するときは、『国民の…

国有地の不正な払い下げ事件で有罪になっても財務官僚には恩赦が出ます.

(この物語は完全なフィクションです.もしも一部でも真実であると考えたならば、それはあなたの妄想です) 内閣府は、近畿財務局の官僚に詰め腹を切らすことが出来るのかなぁ. ・・・どうだろう・・・ 録音された会話をテレビで聞いたけど、園長の声はすぐ…

「読書ログ」 ネタバレあり

題名:厭世マニュアル著者:阿川せんり(角川文庫、640円税別)発行:2017年8月25日初版感想:一人称小説です.もしくは、自意識過剰の独り言.でも、もしかしたら、これは超長い散文詩かも知れない・・・ 解説を森見登美彦が書いていて「(P295)反撃の…

「読書ログ」

題名:物語ること、生きること著者:上橋菜穂子(講談社文庫、550円税別)発行:2017年6月1日第5刷感想:2013年に刊行された単行本が去年文庫化されていました.その第5刷を購入しました.内容は、インタビューを再構成したものですが、思い出話か随筆と云っ…

「読書ログ」

題名:橇/豚群著者:黒島伝治(講談社文芸文庫、1400円税別)発行:2017年8月9日第1刷感想:プロレタリア文学の短編集です.現在、60ページ辺りを読み進んでいます.読了まで、あと170ページです.

オスプレイについて考えてみた.

オスプレイは、なぜ落ちるのですか. ・・・なぜかなぁ・・・ 真上から落ちてきたら、どうしたらいいの. ・・・どうしよう・・・ だいたい、日本で落ちて日本人が被害受けたら、賠償金を出すのは誰ですか. ・・・日本政府かなぁ・・・ 国税から出すのなら…

大学の無償化と官僚機構の改革について考えてみた.

東京大学以外の大学を無償化すれば、東大卒の学閥が支配している官僚機構を改革できるような気がします. たとえば、北大、東北大、筑波大、一ツ橋、東工大、信州大、金沢大、名大、京大、阪大、広島大、徳島大、九大、鹿児島大、琉球大の学生には授業料を免…

「読書ログ」

題名:言語学者が語る漢字文明論著者:田中克彦(講談社学術文庫、1050円税別)発行:2017年8月9日第1刷感想:この本の主張は、話半分に受け取っても、概ね妥当だと思います. 文章を一部引用します.(p25)・・・日本人は、時代が危機に立っていると感…

「読書ログ」

題名:十五歳の戦争著者:西村京太郎(集英社新書、760円税別)発行:2017年8月14日第1刷感想:回顧録と云うか、備忘録と云うか.そんな感じの本です.

停電するとテレビは映らないような気がする.

今週のお題「高校野球」 夏の甲子園大会の決勝戦では、いつも電力の供給が危ぶまれると思う. ・・・そうだねぇ・・・ 決勝戦の電力需要を基にして発電計画を行なっていると聞いたような覚えがある. ・・・なんか、そんな気もするねぇ・・・ でも原発がほと…

新しい厚生労働大臣は何をするつもりでしょう.

今週のお題「ちょっとコワい話」第3話 年金支給開始年齢を70才に引き上げるつもりだと思います. 30代40代の国民は、自分の親が65才から70才になるまでの間、親を扶養することになります. 支給せず浮いた年金は、厚労キャリア官僚が天下り先へ配分します. …

疑惑隠蔽内閣と呼ばれて

陸自日報、関西財務局、国家戦略特区、金融経済政策失敗・・・自分だけ新たな気持ちになって、今までの問題が有耶無耶になることを神仏に祈りながら、財務省と防衛省の為に消費税10%増税と憲法9条改正の法案提出の隙を狙うつもりの改造ですか. 戦闘があっ…

「読書ログ」

題名:国民のしつけ方著者:斎藤貴男(インターナショナル新書、740円税別)発行:2017年6月12日第1刷感想:本書のタイトルは、現政府が政府にとって都合のいいように世論誘導を行なって国民をしつけている、と云う意味です. 一部分を引用します.(P156)・…

堕天使の辞典

『衆議院議員』党派を問わず、欲に溺れた愚か者どもの中で最もパフォーマンスの上手な者. 昔は木製の台の上で、今はライトバンの上で、日頃鍛えたパフォーマンスを披露するのを生業としている.パフォーマンスと共に、日本語らしき言語を使用して講演を行な…

堕天使の辞典

『ていねいな説明』真実を言わずに大衆を納得させる必要があるときに用いられる弁論方法.納得が得られずに疑問が呈された場合には、煮え切らない回答を何度も繰り返すことになるが、この繰り返しが多い程、ていねい度が高いとされる. 『記憶にない』虚偽答…

ブンゾルちみえ with C

キャリア官僚なら、ちゃんと覚えているわよね. えっ、覚えていないって.まさか.信じられないわ. じゃあ、獣医学部設置が認可されたら、愛媛県は何億円の負担をすることになるか、知っているわよね. えっ、知らないって・・・ダメ官僚! ダダダン、ダダ…

政治家の性別について考えてみた.

大臣でも議員でも、政治家を男性女性で区別しても無意味な気がします. ・・・はぁ・・・ 政策秘書が書いた原稿を、暗記して若しくは暗記しないで、読むのが政治家です. テレビで喩えると、男性記者が書いた原稿を女子アナがまるで自分の意見の如く読んでい…

はてペディア『夢東亜綺羅』

軍人. 先輩の石原が満州を闊歩していく姿を見て羨ましくなり、自分も何か甘い汁が吸えないかと思案したところ、石原が満州ならば自分は北支だと思い付き、蒋を相手に素人戦法で挑み掛かってみたら反撃に遭い、尻尾を巻いて逃げ出そうとしたがそれでは自分の…

妖怪図鑑『血暗遺児砲』

血暗遺児砲は戦前に生れた妖怪である. 戦後暫らくして巣鴨辺りで消息を絶ったと伝えられていたが、近年霞が関辺りで目撃されたと云う情報が多く寄せられている.幻崙陶製と云う妖術を使う.

妖怪図鑑『接曲敵兵倭酒疑』

接曲敵兵倭酒疑は、元来、紛争の原因となる貧困や差別を積極的に解消していくことを通じて、平和な世界を構築し得ると考えていた妖怪であった. しかし、近年宗旨替えをして、アメリカの経済を維持するためにアメリカが始める戦争に唯々諾々と加担する妖怪に…

地方創生大臣と獣医師会の食い違いについて考えてみた.

獣医学部の新設を決定したのは、何省の誰だかは知りませんが、官僚のはずです.どの様なルートを経たかは知りませんが、地方創生大臣は部下の官僚から新設の報告を受けたと思います.そして、その内容を獣医師会に伝えたのだと思います. ・・・まぁ、そうか…

戦前の古き良き日本について考えてみた.

戦前から戦後へ時代が変わると共に、日本の社会も変わりました.アメリカナイズされたと思います.戦前の古き良き日本へ戻って見ますか. ・・・えぇ・・・ 女性が政治に参加するなんて、とんでもないことです.考えられません.大和撫子に選挙権は不要です…

憲法9条改正について考えてみた.

自衛隊は内閣総理大臣の指揮下で国内の治安維持活動を行なう組織です. ・・・はぁ・・・ 憲法9条を改正して自衛隊を国防軍にしたら、国防軍の最高指令官になるのは誰ですか. ・・・誰かなぁ・・・ 国防軍の最高指令官は国家元首だと思います. ・・・あー…

受け皿としての共産党政権の是非を考えてみた.

民進党がちゃんとしていれば、そして自民党がまともであれば、二大政党制が機能して有権者は政権選択することができます. ・・・まぁ、そうね・・・ チルドレンだらけの自民党.それより酷い民進党.野田は財務省の代理人なのかどうか知りませんが、蓮舫は…

「読書ログ」

題名:人間の居場所著者:田原牧(集英社新書、740円税別)発行:2017年7月19日第1刷 感想:集英社新書のホームページで連載したものを書籍化したとのことです.そのホームページを確認していませんが、そう書いてありましたので買わなくても読もうと思えば…

公務員監視法を制定します(私案)

第1条:公務員が賄賂を受取ろうと心の中で思ったときは、罰する. 第2条:公務員が職務と密接な関係にある企業に天下ろうと心の中で思ったときは、罰する. 第3条:公務員が行政文書を隠蔽しようと心の中で思ったときは、罰する. 第4条:公務員は、自らが行…

内閣改造の目的について考えてみた.

消費税増税を推進しているはずの現内閣を改造すると云うことは、消費税増税をあきらめると云うことですか. ・・・んー・・・ 憲法改正を推進しているはずの現内閣を改造すると云うことは、憲法改正をあきらめると云うことですか. ・・・どうでしょう・・・…

はてペディア『阿部逸今日』

砂上の楼閣の別名. 秘書を怒鳴り散らしたり、自衛隊が選挙応援をしたり、友達に便宜をはかったりして、都合の悪い報道がされたら、丁寧な説明などサラサラする気はなくとも、反省する素振りは見せておいて、政府広報費で新聞社やテレビ局を懐柔して政権支持…